快適にリラクゼーションを受ける3つのポイント

1:当日はコーヒーやチョコレートなどのカフェイン摂取は控える。

施術後は、そのままゆっくり眠りについていただくのが理想ですが、カフェインの効果は約8時間たっても半減されないといいます。つまり15時にコーヒーを飲んだとしても22時にはまだ体の中でカフェインの効果が半分以上残っているということです。
夜リラクゼーションを受ける場合でも、14時以降はカフェインは控えたほうがいいかも。

施術を受ける日は、炭酸水やミネラルウォーターがオススメです。

2:疲れを効果的に取るなら20時から21時の施術開始がベスト。

施術後は22時から23時、遅くとも24時には眠りについていただくのがベストです。人間の体は22時から2時の間のゴールデンタイムに体の修復を行います。日中にフル回転した脳の老廃物を出すのもこの時です。
たとえば21時に施術開始した場合、120分コースなら23時30分には眠りにつけることになります。せっかくのリラクゼーション効果を最大限に利用して下さい。

お昼なら14時ごろに施術開始16時半くらいに終了。夕方食事が始まるまでの時間ゆったりできればこの時間もオススメ。
夜なら19時までには食事を済ませ、20時〜20時30分に施術開始、22時〜22時30分に終了、22時30分〜23時には就寝。
というのが理想ですが・・・、なかなか難しいかもしれませんね。

ご参考程度に覚えておいていただければ。

3:湯船に使って体温を上げておく。

お風呂の湯船につかり、血行を促進して体温を上げておくと、整体とリラクゼーションの効果は更に上がります。

そうそう、お風呂に入り血液の循環が良くなれば汗もかきます。

お風呂後のお水1杯をお忘れなく。