気になるニュース

ネットで見つけた気になるニュース・記事(入浴・健康・美容・性・オイルマッサージなど)のリンクの一覧です。以前やっていたTwitterをTwitter疲れでやめてしまったのでその代わりですね。
リンクは外部サイトへ移動します。

更新日:2022-09-28

この話は男女関係なくあるあるで、パートナーに性癖を言えないのはふつうにあること。

だから男性は、そういう店に行って奥様にできないことをしたりしてたし。ウチのお客様に話を聞くと、女性の方々も皆さん色々あるみたいですね。

まぁ、普通だと思うけど。

確かに、6年前だとこういうサービスもあまり知られてなかったっけ。

今の時代、いろんな解消方法があるのです。

うちもその中の一つに選んで頂くことがあるので、いい時代だなと思います。

うちでもずっと注意喚起しているけれど、あまりテレビとかではやらないネタなので。

“・・・結果を分析したところ、「男性はポルノコンテンツを使用する頻度が高いほど性生活が悪化するが、女性は性生活が向上する」

・・・女性ではポルノを見る頻度が高まるほど性的パフォーマンスの自信が深まり、性的問題を報告する頻度は低くなり、異性愛者のカップルでは男性側が性的に満足する傾向が強まることがわかりました。”

やっぱり脳の違いなのかな。

うちのマッサージでも、パフォーマンスが上がるかもしれません。(かも、です。)

うちと同じような経緯で始めた方なんだな。

確かに体の緊張が芯から取れないと、気持ち良いと感じるセンサーもちゃんと機能しないし、それには心の緊張もほぐれないといけないんですよね。

“かつてはインバウンドの影響ともいわれました。しかしそれはコロナ禍でも梅毒患者数が増えていることを見ると、違うことがはっきりとわかる。梅毒の患者を調べると、男性の大半は性風俗利用歴があり、女性の大半は性風俗の従事歴があった。”

以前見たグラフを見ると、きっかけはインバウンドだと思うけど、今はもう違うんだろうな。

女性風俗も気をつけて〜、キス・フェラチオ・クンニでもうつります。

金額的には、エステとそんなに変わらない感じになってきているのかな。

確かに、うちの定期の方はそんな感覚で利用している方が多い。

うちの場合はもう少しソフトだけど、気軽にご利用くださいませ。

こうなってくると、出張ホストと女性風俗の境目がわかんなくなってきてるな。うちのような女性専用出張マッサージってだんだんなくなってくるのかな。

NRXとしては、施術者はあくまでも道具であるべきだなぁ、と思ってます。

道具なので気軽にお呼びください。

痛みが和らいだって話も聞くけど、やっぱりプラシーボか・・・。

そういえば、うちのお客さんはみんなよく喋る。

全部さらけ出したあとの会話って、なんてことない普通の会話でも、なんか違うみたいですね。
良い意味で。

ウチもハグ推奨。

ホッとしますよね。

みんなもっとすればいいのに。

セルフでやっても効果はありますが、他の人の手でやってもらうのは、また違った心地よさがあるのです。

“●水圧による効果│水圧の力でむくみ解消が期待できる
 シャワーでは決して得られない入浴の効果が、水圧によるものだ。湯船に浸かることで、全身にお湯による圧力がかかる。”

 

大きな浴槽で、手足を伸ばして体を浮かすように湯船に入っていると、均一に水圧がかるのでオススメ。家のお風呂だと、手足を少し曲げたりお尻が底についたりするので、均一に水圧かけるのは難しいのです。

最近は、女風っていうんだ。

確かに料金はデフレ化がすごくて、皆仕事としてやっていけるのか心配になってしまう。

 

それにこの記事では、本番行為はできませんが・・・と書いてはいるけれど、実際本番行為率ってどのくらいなんだろう??

そんな安いギャラで、若いキャストの子とかちゃんと我慢してるんだ。スゴイな。

自分が20代だったら絶対我慢できないだろうなぁ。

CBD配合入浴剤のリラックス効果抜群なのでオススメ。

うちは風俗ではないけれど、女性風俗に興味がありながら躊躇している方なんかも利用してくれているので、こういう女性の心理というか本音はものすごく参考になる。

 

そういえば、昔みうらじゅんがSMの「S」はService(サービス)のSだって言ってたけれど、ほんとにそうだと思う、女性に楽しんでもらうんだものね。

梅毒の多さは、インバウンド観光促進の前からものすごく言われていること。

コロナに隠れてニュースも少なくなってるみたいだけど、患者さんは右肩上がりなんだよなぁ。こういうのは一過性のことじゃないんで、継続して多くの人が認識しなきゃなね。

性欲は「心身の健康に対して必要なもの」48%

半身浴のときに、ふくらはぎをもんだり動かしたりすると、効果は更に上がります。

“セルフプレジャーはマインドフルネスにもつながる”

 

セルフプレジャーという言葉にはまだ抵抗あるけど、ホントなら名言だな。

確かに運動すると解消しますね。

正反対の、とにかく食べる!という方法もわかる。

男女で違う「欲望の質」

まさにそのとおり、女性の場合は、Aさんは喜んだけどBさんには不評とか、その幅がかなりあるように思う。(その反対に男性の欲望ってものすごく単純)

 

なのでうちの場合は、そちらは他の方におまかせして、体全体の気持ちよさに特化しました。

なくなるのが普通だと思ったんだけど、片方はまだしたい場合は色々問題あるかもな。

うちの場合は風俗じゃないけど、その手前のサービスなので風俗が怖い方は、いつでもお待ちしております〜。

性腺機能低下症(HSDD)なんて初めて聞いた。

たまに奥様がこういう状態の方がいるって話は聞くけど、ちゃんとした病名があったんだ。

 

そんな治療のステップにオイルマッサージもおすすめします。

あぁ、以前テレビに出てた人か、結構ギリギリでやってた感があったな。レズ風俗まであるのならホモ風俗もあるのかな? 
うちも年に何回かは、ホモさんから問い合わせの連絡あるものな、(結構過激な問い合わせなので)お断りするけど。


たいへんそう

入浴の仕方で、疲労のとれ方がかなり変わりますね。

面白い記事だな

しかし、マッサージとスポーツが思っている以上に低かったからショック。
そうなのかー。

オリジナルは2020年の月刊TENGAだった。

元記事読んでみると、ものすごい少ない人数のアンケートなのね。

こういう場面では、日本人のシャイさが出てこういう結果になってんじゃないのかな?建前というか、じゃなきゃラブホなんて他の国にはない施設作らないものなぁ。

 

バックナンバーには、他にも面白そうな特集があるから、時間見つけて読んでみよう。

オイルマッサージでも当然女性ホルモンは出るのです。

色々規制が強化されている中国でこんなグレーなのはOKなんだ。

セフレなんて逆にめんどくさいと思うけどなぁ。

昭和っぽい銭湯は名古屋では少なくなっちゃったな。本山温泉も数年前になくなっちゃたし。

リラックスに場所を変えてお風呂に入るのは精神的もいいですね。

最近は長久手ござらっせに通ってます。

三助さんは憧れるけれど、やっぱり最後は性的サービスになちゃうんだよね。
それで規制が入って終了。残念だけど。

オイルの仕事も当初はそんな感じでやっていたんだけど、むずかしーなー。

なんにせよ、施術でも会話でも、その人といて心地いいかどうかなんだよな。

にしても1時間1万か・・・結構するのね。

「・・・問診表を通じてどのようなサービスが良いですかと聞かれたときに、私たちは答えられるだろうかと話しましたよね。要望を言えるほど自分の好みや体の特徴を知らないから答えられないし、そのことは大きな問題だと。」


全くそのとおり。こういうのって、何が普通で自分が変わってるのとかもわからないし、自分の好みも意外と把握してなかったり、難しいところだ。


こういうことが一人では対応できないから、うちは今のスタイル(非風俗)に落ち着いたのです。


面白いインタビューだった。

小学生の時から白髪があるけど、そんなにストレスあったかな・・・。

ヨーグルトや納豆、ザワークラウトなんか色々ためしたけれど、自分にあうのはピクルスでした。ここ半年今までにないくらい腸内環境がいい。
自分にあうものを見つけるまでが大変なんだよね。

性を商売にすると、顧客が何を望んでいるかをちゃんと把握していないと商売にならないからなぁ。性の嗜好は千差万別だからものすごく難しい。やってる人はほんとすごいと思うわ。特に若いキャストの人なんて自分の性欲もあるだろうから、それを相手の嗜好に全振り出来るのは尊敬するし、自分が20代なら絶対に無理。

45〜54歳とは以外。
あんまり長く無茶な要望もなくなってるからなのかな。

ディズニーランドのついでかぁ・・・。
振り幅がすごいですね。

そうそうそうそう。ほんとにお客さんそれぞれに望んでいるものが微妙に違う。うちみたいに割りらずに、全部カバーしているところはすごいなと尊敬してます。

 

とはいえ会話が一番重要だというのは変わらないけど。

うちのお客さんが、ヨガだけで-7キロのダイエットに成功したのを目の当たりにしてからヨガの効果を見直してる。その人は半年だったけど、半年続けるのもすごいよね。

新緑とか木の香りとかって好き。

オイルマッサージ前は38〜40℃のぬるめのお湯に浸かるのがオススメです。
あ、お風呂上がりの水分補給もお忘れなく。

この本買ったけどまだ全部読めてない・・・。

うちは結構バラバラだなぁ、昔は30代〜40代のご夫婦とか多かったけど、今はこの手のサービスの情報が多いからか、現在は女性一人の依頼で年代は様々。

男女問わずあるあるですね。

※リンク切れの記事は、コメントと共に随時削除しています。

タイトルとURLをコピーしました